サービスエリアでは多くのグルメなど食を通じた楽しめるものから、温泉などの疲れをいやせるスポットもあります。

 

サービスエリアは、元々高速道路のわきにの休憩スポットとして知られている場所ですが、サービスエリアを目的に観光をする人が増えてきました。

 

例えば、ドライブを楽しんでいる場合には、途中でお腹がすいたら立ち寄るという方法以外に、サービスエリアでどこのサービスエリアにするかということを事前に旅行に行く前に決めておくという方法が考えられます。

 

この場合ですと、インターネットなどでこの地方にはどのようなグルメが有名であるかということを、調べたうえで、ドライブをすることで、より今までの旅が楽しくなります。

 

サービスエリアの最大の利点は、その途方ならではの特産品が一か所に集まってきているということでしょう。

 

あちこちお土産を探しに行かなくても、旅の帰りに寄るだけでお土産を全部揃えることが出来て便利ですよ。

 

私も起きに入りのサービスエリアが目的で旅行する場合もよくあります。

 

たとえば海老名サービスエリアによく行きますが、日本一規模が大きいサービスエリアだけあって施設がとても充実しています。

 

下りは「うまい物横丁」があり、食べきれないほどのグルメがずらり。

 

上りは高級スーパー「成城石井」があり、まるでデパ地下並みの食材やお惣菜が楽しめます。

 

東名高速の足柄サービスエリアの温泉もよく利用します。

 

運転で体が疲れた際には、温泉につかることで、疲れを癒すことができますからね。

上りには「金時湯」、下りには「あしがら湯」があり、どちらも3時間で640円でリーズナブルでゆっくり楽しめます。

 

また、「あしがら金太郎ラウンジ」の足湯には、角質を取り除いてくれるドクターフィッシュがいてて、私の楽しみになっています。

 

上りエリアには宿泊施設もあって、長距離を移動する時にちょっと体を横に出来るので重宝しています。

 

このようにサービスエリアを最大限に生かした旅行をする事で、より充実した時間を過ごせます。