アパート経営の収入に大きく影響するのが経費です

退職金でアパート経営へ

退職金でアパート経営へアパート経営の節税対策アパート経営は計画的に

定年退職を数年後に控え比較的安定している会社に長年勤めていたこともあり退職金や年金などはっきりとした金額も算出できたものの、老後の資金には不安が残っており退職後はのんびりと過ごすことを目標に仕事をしていたこともあり就職は考えておらず、そこでおこなったのがアパート経営でした。
アパートを経営することになったのは自宅の近くに相続した未使用の土地を持っていたことが大きく、安定した収入を得られると思い退職前にアパート経営をおこなうこととなりましたが、その時に実感したのが経費の大切さと収入に大きく影響するということでした。
アパート経営をおこなう前は建物に関する費用や入居促進のための費用のみを考えており、とにかく入居率を安定することが安定収入の一番の近道であると考えていましたが、実際におこなってみると経費にも様々な種類のものが存在し改めて勉強をしなおすことにしました。
まず最初に計上できる大きなものとして実感できたのが減価償却費で、建物自体の費用の大きさから思っていた以上に金額が大きく、建物のみではなく付属設備なども毎年一定額計上できることを知り、自分の勉強不足と計画不足を実感しました。

信頼を頂くための情報提供や施工の手間掛け

ハウスメーカーや不動産会社の営業マンの「信用してください。
」とか「信頼して誰かに託せることも大切。
」の発言

これは別次元なほど意味合いが違う

売り手がこれを口にしたら
即日の縁切り

これは間違いがないリスクヘッジ(^^) https://t.co/4tDqarJC5w

— 嶌田 竜也@不動産の家庭教師 (@lifecoord) April 6, 2020